スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2各チームの補強状況(1)

J2の補強状況についてまとめみました。

J2各チームの監督と主な移籍状況(1.30現在)
チーム監督INOUT
東京V高木琢也
(昇格)
FW レオナルド(鳥栖)
MF 滝澤(横浜C)
MF 河村(磐田)
MF 永里(湘南)
MF ディエゴ(京都)
MF 福西(引退)
MF 廣山(草津)
MF 那須(磐田)
MF 大野(未定)
札幌石崎信弘
(就任)
FW キリノ(ユールゴーデンズ/スウェーデン)
MF ダニルソン(I・メデジン/コロンビア)
DF 趙晟桓(浦項/韓国)
GK 荒谷(大宮)
FW ダヴィ(名古屋)
DF 坪内(大分)
GK 高木(大宮)
FW エジソン(退団)
MF 西谷(未定)
DF 西澤(引退)
DF 池内(未定)
仙台手倉森誠
(続投)
FW ソアレス(ポンチプレタ/ブラジル)
MF エリゼウ(横浜C)
DF 朴柱成(水原/韓国)
MF 曽我部(神戸)
GK 桜井(山形)
FW ナジソン(ヴィトーリア)
DF 磯崎(鳥栖)
MF 佐藤由(未定)
MF 田ノ上(未定)
DF 岡山(未定)
C大阪クルピ
(続投)
MF マルチネス(パルメイラス/ブラジル)
DF チアゴ(クルゼイロ/ブラジル)
GK 金鎮鉉(東国大/韓国)
FW 西澤(清水)
DF 石神(鹿島)
GK 多田(愛媛)
FW 苔口(千葉)
FW 森島(引退)
MF ジェルマーノ(サントス)
MF アレー(サンパウロ)
DF ジウトン(新潟)
FW 古橋(山形)
MF 青山隼(徳島)
DF 柳沢(鳥栖)
DF 阪田(湘南)
DF 丹羽(神戸)
GK 山本(愛媛)
GK 相澤(川崎)
湘南反町康治
(就任)
FW 丁正賢(建国大/韓国)
MF 寺川(新潟)
DF 阪田(C大阪)
DF 村松(Honda)
GK 野澤(新潟)
FW 梅田(鳥取)
FW 石原(大宮)
MF 加藤(引退)
MF 永里(東京V)
DF 斉藤(未定)
DF 三田(徳島)
鳥栖岸野靖之
(続投)
FW ジョズエ(町田)
FW 市原(大分)
MF 島田(草津)
DF 山田(横浜C)
DF 柳沢(C大阪)
DF 磯崎(仙台)
FW レオナルド(東京V)
FW 金信泳(甲府)
FW 藤田(大宮)
MF 船谷(磐田)
DF 鐡戸(未定)
DF 柴小屋(愛媛)
甲府安間貴義
(続投)
FW 金信泳(C大阪)
MF マルセロ(グレミオ/ブラジル)
DF ダニエル(サンカエターノ/ブラジル)
FW 松橋(大分)
FW 森田(大宮)
GK 荻(神戸)
FW 羽地(徳島)
FW 宇留野(熊本)
MF 保坂(岡山)
DF 井上(栃木)
福岡篠田善之
(続投濃厚)
FW アレックス(バタタイス/ブラジル)
MF ウェリントン(アメリカFC/ブラジル)
FW 高橋(熊本)
FW 岡本(G大阪)
MF 宮原(愛媛)
DF 田中(磐田)
MF タレイ(ノース・クイーンズランド)
DF ルダン(未定)
FW ハーフナー・マイク(横浜M)
MF 中村(F東京)
MF 布部(引退)
草津佐野達
(昇格)
FW 小池(浦和)
MF 廣山(東京V)
MF 玉乃(徳島)
DF 川原(大宮)
DF 三澤(神戸)
MF 鳥居塚(引退)
MF 秋葉(相模原)
MF 島田(鳥栖)



■東京ヴェルディ
去年川崎からフッキを呼び戻したときは「してやったり」だったのだろうが、そのフッキに逃げられたあたりから迷走は始まっていたのかもしれない。J2降格がきまり主力を大量解雇したが、その後に服部など数名を呼び戻しており、チームをどうしたいのか今だに見えてこない。当初固辞していた高木監督だが、解体的出直しにあたって、その手腕にかかる部分は大きいだろう。


■コンサドーレ札幌
札幌も主力が多数離脱。石崎監督の就任がクローズアップされがちだが、それなりに補強も断行。クライトンもなんとか残ったし、良くも悪くも外国人にかかる部分は大きそうだ。
またDFの趙晟桓は韓流スターばりのイケメンだそうで、中年女性をターゲットにした興行面での助っ人効果も期待できそうだ。


■ベガルタ仙台
久々に監督も続投し、梁勇基をはじめ3位メンバーの主力がほとんどが残ったので、補強した外国人3人が期待どおりの活躍をすればJ1昇格も見えてくるだろう。しかし、期待外れだったら(特にFWソアレス)層が厚くないだけに一転厳しくなる局面もあり得る。


■セレッソ大阪
今回出入りの激しいC大阪だが、香川、乾など才能ある若手が残ったのは良かった。しかし、最大の懸案である守備については引き続き不安が残るし、未知数の部分も多い。そういう意味では去年と代わり映えしないような気がするのだが、結果やいかに。


■湘南ベルマーレ
エース石原が大宮に移籍。加藤望などの主力の離脱もあり、戦力ダウンは免れない。その穴を埋めるにも若手の台頭が望まれるところだ。今の反町監督にとって、こうした状況は寧ろやり易いのかもしれない。


■サガン鳥栖
エース藤田が大宮に移籍。しかし島田をはじめとした即戦力の補強により、その穴を埋めてお釣りが出るほどの戦力アップを図ることができたのではないか。昇格争いに絡むことが期待できる布陣になったことは間違いないだろう。


■ヴァンフォーレ甲府
攻撃陣に関しては十分すぎるほどの補強が出来た。それに比べると守備陣の手薄感は否めない。去年は平均失点が1点未満だった2チームが昇格していることからも、守備の強化は大事。それでも十分強そうだけど。


■アビスパ福岡
FW・MF・DFと満遍なく補強されたように見える。特に攻撃陣は高橋泰の加入もあり、かなり期待できそうだ。また最大の課題である守備は、田中誠も獲得しコマ数も増えた。強いて不安点を挙げるならば、中盤がやや手薄なところと、守備陣が前線の充実度に比べるとやや迫力不足なところか。


■ザスパ草津
監督をはじめ中盤の3選手が抜けたことのは痛い。2008年の財産をどれだけ引き継ぐことが出来るか?そういう意味で監督の昇格には納得だが、やはり代わりに入った廣山と玉乃の活躍しだいというのが実情か。


SOCCER FAN'S WORLD
J's GOAL

Sponsored Link

Tags: J2

おすすめエントリー
コメント

非公開コメント

Sponsored Link

最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
タグ
アーカイブ
« 2018 / 06 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

トトルン

Author:トトルン
当たっても外れても楽しいtoto。
一緒に楽しみましょう!

にほんブログ村 - サッカーブログ BIG・toto

RSS

follow us in feedlyFollow on feedly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。